無農薬野菜の栽培

今では、多くの野菜が一年を通して販売されるようになりました。
国外から購入しているために季節が関係ないものも中にはありますが、国内のものだけを見ても通年で食べられる食材が多く存在しています。
本来であれば季節ごとに収穫されるものが違うはずの野菜がこのように一年中楽しめるようになっている背景には、化学肥料や温度調節方法などが確立していることが挙げられます。
そして、もう1つ重要なポイントとなるのが「農薬」でしょう。
農薬を使うことによって害虫を避けることができ、季節による影響を少なくして栽培が行えるようになっているわけです。

しかし、この農薬に関しては不安要素があるという人も少なくないのではないでしょうか。
国内でもかつて農薬による薬害問題が発生したことがあり、これがトラウマとなって無農薬野菜を好む人も多いかと思います。
ただ、やはり実際普段から購入する野菜の全てを無農薬野菜や有機野菜にするというのは現実的には厳しいものです。
しかし、自分で栽培する野菜に関してだけでも無農薬で作ろう、というのは良い試みでしょう。
ただ、自家栽培というのはそれ自体がなかなか難しいものです。
それが農薬を使わないものとなれば更に難易度は上がることになります。
失敗しない無農薬野菜の栽培のためにはどのようなことを考えれば良いのでしょうか?ポイントとなるのは「土壌」「間引き」「虫除け」の3つです。
この3つを守れば、自家栽培でも十分美味しい野菜が作れます。



Copyright © 2014 無農薬野菜の育て方 All Rights Reserved.